HOME > PROJECT_3


play010.jpg


playday_05.jpg


「とうきょうプレイデー」のホームページ


「とうきょうプレイデー2013」 8月実行委員会

「とうきょうプレイデー 2013」は実行委員会で企画・運営しています。
8月の実行委員会は下記の日程で開催します。

日時:2013年8月16日(金)19:00-21:00
場所:11階会議室

内容:
① 広報計画
② サテライト会場の申し込み状況
③ 「布ラッグ」のシミュレーションについて
募集中:プレイデーに参画してみたい方は、
①氏名、②所属、③性別、④電話番号、⑤プレイデーでやってみたいこと、⑥アドレス
(添付ファイルなどの資料を送付することもありますので、なるべく、パソコンのメールをご登録ください)

①~⑥を記入の上、メールでお申し込みください。
playday@tokyoplay.jp
※お問い合わせもこちらへお願いします。
※とうきょうプレイデー:[とうきょうプレイデー]は、東京都内のいろいろなところで、テーマに沿った遊びイベントを開催して、『東京に住むすべての子どもが豊かに遊べる環境(人、もの、時間、街)づくり』を啓発するキャンペーンです。

「とうきょうプレイデー2013」実行委員会

「とうきょうプレイデー 2013」は実行委員会で企画・運営していきます。
「とうきょうプレイデー2013」の趣旨に賛同し、その企画・運営に関わる個人を次の要領で募集します。

日程:
月1回程度の実施。平日の19:00-21:00を予定。

第1回は2月22日(金)こどもの城10階会議室。
内容はプレイデーについての説明とイメージづくりです。

内容:
① 2013年度のテーマ・共通アイテム(ロゴ・旗など) の決定
② 参加団体・個人のとりまとめ
③ メイン会場のプログラム・フォーラムの企画・運営
④ プレイデー全体のPR・チラシ作成
⑤ ウェブサイトの運営
⑥ 報告書の作成
⑦ その他

募集中:
①氏名、②所属、③性別、④電話番号、⑤プレイデーでやってみたいこと、⑥アドレス
(添付ファイルなどの資料を送付することもありますので、なるべく、パソコンのメールをご登録ください)

①~⑥を記入の上、メールでお申し込みください。
playday@tokyoplay.jp
※お問い合わせもこちらへお願いします。
※とうきょうプレイデー:[とうきょうプレイデー]は、東京都内のいろいろなところで、テーマに沿った遊びイベントを開催して、『東京に住むすべての子どもが豊かに遊べる環境(人、もの、時間、街)づくり』を啓発するキャンペーンです。
日時:平成25年10月1日(火)『都民の日』 ※時間未定
場所:国立児童総合センター[こどもの城]ピロティ・会議室ほか(予定) 【メイン会場】
東京都内にある児童館、プレーパーク、保育所などの遊びに関する施設や、自主保育グループ、町内会、商店会、個人がプレイデーの趣旨に賛同し、登録した場所【同日一斉開催】

「とうきょうプレイデー2013」発起団体会の実施

イギリスでは毎年8月の第1水曜日に、子どもたちの遊びの大切さを社会に訴えるために
プレイデーが実施されています。1987年から始まり、現在では全国で50万人もの参加者があります。
このプレイデーを東京でも実施したいと、TOKYO PLAYが子どもの遊びに関連する
さまざまな団体にお声掛けをさせていただき、1月22日(火)に第1回発起団体会を実施しました。

playday_01.jpeg

参加いただいた団体は下記の通りです。
NPO法人子ども劇場東京都協議会/NPO法人コドモ・ワカモノ まちing/NPO法人日本冒険遊び場づくり協会
おもちゃの図書館全国連絡会/公益財団法人児童育成協会

この他にも協力団体なども含め、いつくかの団体にお声掛けしています。
東京おもちゃ美術館(予定)/公益社団法人こども環境学会(予定)
NPO法人子育てひろば全国連絡協議会(協力団体・予定)/NPO法人birth(協力団体・予定)

プレイデーの趣旨について検討したり、今後の進め方について検討しました。
2月には実際にプレイデーの企画・運営に携わっていただける実行委員会を実施することを決定しました。

公開学習会「ロンドンから学ぶ!子どもが遊べる社会って?」

東京プレイデーを実現するための第一歩として、TOKYO PLAYでは
イギリスのプレイデーの視察を行いました。
今年のプレイデーは、全国で520ものイベントが開催されましたが、
その中の2つの会場を見学してきました。
併せて、さまざまなプロジェクトでロンドンの市民・行政・研究者・実践者・企業をつなぐ
私たちの姉妹団体「ロンドンプレイ」を訪ね、中間支援組織としての
メディア戦略やキャンペーンなどについて
さまざまな示唆を得ることができました。
そこで今回の公開学習会では、その報告会を実施することにしました。

日時  11月29日(火)19:00~21:00 (開場&交流タイム18:30~)
場所  国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟403室
    〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
    地下鉄千代田線 「代々木公園」駅(代々木公園方面4番出口)より徒歩約10分
    小田急線 「参宮橋」駅より徒歩約7分
    京王バス 新宿駅西口(16番) ・渋谷駅西口(14番)より[宿51]系統
    「代々木5丁目」下車すぐ
資料代  一般1,500円/会員1,000円(東日本大震災の被災地支援金300円を含む)
定員  80名
スピーカー  TOKYO PLAY ロンドン視察チーム
お申し込み先 seminar@tokyoplay.jp
上記アドレスまで、件名に「公開学習会申込み」
本文に「名前・所属」を記入してお送りください。

イギリス・プレイデーの視察

東京プレイデーの実現のために、
本家とも言えるイギリスのプレイデーを視察に行くことになりました。
イギリスでは、8月の第1水曜日が「プレイデー」として決められていて、
全国で子どもが遊ぶことの大切さを啓発する日として、
現場でのさまざまなイベントと研究者による調査研究が発表されるのが特徴です。
また、その年ごとのテーマが決まっており、
2011年のテーマは、ロンドンプレイのホームページを確認すると下記のようになっています。
「The theme for 2011 will be stand up for play.
We will be making the case against cuts, and supporting you to campaign locally.」

第34回せたがやふるさと区民まつりに参加

TOKYO PLAYでは、東京プレイデーにつながるキャンペーンの一環として
せたがやふるさと区民まつりに参加することになりました。
詳細はまだ未定ですが、
前回の区民まつりで「トライ打ち水!」とエコ活動として行われたものを
子どもたちにも楽しく参加してもらおうと考え、
「撃ち水大作戦!」として、水鉄砲などを使って楽しく「打ち水」を行うイベントを計画しています。